La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Style Topics/ナチュラルパワーでくつろぎのリラックスタイム Style/志乃さんのスローライフ通信 Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ Guide/東京インテリアショップベストセレクト
素敵なくらし
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Style バックナンバー レシピをプリント!
魅惑のコンフィチュール
コンフィチュールづくりを楽しみませんか?
志乃さんのスローライフ通信
魅惑のコンフィチュール
コンフィチュールとはフランス語でジャムのこと。ジャムの妖精:クリスティーヌ・フェルベールさん(仏)が紹介されてからよく耳にするようになってきました。クリスティーヌのコンフィチュールは季節のフルーツのおいしさを生かしたシンプルなものから、数種類のフルーツ、ワイン、スパイス、野菜などをミックスした味わい深いものまでとバラエティ豊か。そのレシピは200種類を越し、今までのジャムのイメージを一新しました。

日本でも有名なパティシエ:辻口博啓さんが駒沢公園のそばに「コンフィチュール・アッシュ」をオープンしたり、ここ湘南でも いがらしろみさんのお店:「ロミ・ユニ・コンフィチュール」が鎌倉にできました。

春になって街にはたくさんのフルーツが出回るようになりましたね。皆さんも自分で好きなフルーツを組み合わせてコンフィチュールづくりを楽しみませんか?
魅惑のコンフィチュール
本日のレシピ Bananas'n Strawberry
我が家の娘は某アイスクリーム・チェーン店の「バナナ・アンド・ストロベリー」が大好き。今回はこの組み合わせをヒントに
コンフィチュールに挑戦です。家中いい香りに包まれながら・・ちょっとパステル調のコンフィチュールのできあがり!
おもな道具
材料
・ステンレス 又は ほうろうの鍋
・ジャム用保存ビン
・温度計(200℃までのもの)があると便利
  ・ いちご1パック(縦半分、大きければ1/4に切る)
・ バナナ3本(1cm幅くらいの輪切りにしてレモン汁をかけておく)
・ グラニュー糖(果物の重量の80%)400g
 ★ 今回はいちごとバナナ合わせて約500gだったので、
   その80%:500g×0.8=400gで計算しています。
   果物の重さを量って計算して下さい。

・レモン汁 1/2個分
Bananasユn
                          Strawberry
作り方
1 作り方1 鍋にグラニュー糖と少量の水を入れ強火にかけ、
焦げないようにかき混ぜながら
グラニュー糖を溶かします。
2 作り方2 グラニュー糖が溶けて煮立ったら(114℃が目安)
フルーツを加えます。

※ 温度はあくまでも目安です。
材料の量によってもでき具合が異なりますので
注意してください。
3 作り方3 15分ほど強めの中火でアクを取りながら
煮ていきます。
手早く煮ると、香りや色が残ります。
4 作り方4 アクが出なくなり、ツヤが出てきたらできあがり。
(102℃が目安)まだゆるすぎると思っても、
冷めると固くなります。
冷凍庫でキンキンに冷やした小皿などに少量とって、
できあがりの状態を確かめてみましょう。
5 作り方5 熱いうちに消毒したビンに詰めます。
ビンの口をよごさないように一杯まで入れましょう。
ビン詰め 脱気・殺菌の方法
1 ビン詰め 脱気・殺菌の方法1 ビン、フタを良く洗います。
水を入れた鍋にビンを入れ、
火にかけて煮立たせ10分ほど煮沸消毒します。
フタは長く煮るとゴムの部分が傷むので、
後から入れて5分くらい煮沸しましょう。
2 ビン詰め 脱気・殺菌の方法2 ビンをトングなどで注意して取り出し、
清潔な網の上に伏せて置き、自然にかわかします。
3 ビン詰め 脱気・殺菌の方法3 ビンが熱いうちに熱いジャムを入れたら、
フタを軽く閉め、(1)の鍋に戻し 強火で沸騰させます。
鍋のフタはして下さい。
湯はビンの半分ほどあれば
蒸気で全体が殺菌されます。
4 ビン詰め 脱気・殺菌の方法4 20分沸騰させたら、ビンのフタをしっかり閉め直し、
逆さまにして冷まします。
30分たったら流水で一気に冷やしましょう。
ほんの少し、フタの真ん中がへこめば成功です。
ここがポイント
01 果物に含まれるペクチンや酸、使う砂糖の量、この3つの要素でとろみが決まります。柑橘類や杏、紅玉のような酸っぱいリンゴはゼリー状のジャムになりやすい果物です。いちご、桃、キウイなどはさらりとした仕上がりになります。そういう果物の時はレモンでペクチンや酸を補うことができます。
02
ここがポイント 砂糖の量に驚かれた方が多いのでは?しかしコンフィチュール(ジャム)とはそもそも砂糖で果物を保存するということです。砂糖はカビ、細菌の繁殖に必要な水分を吸収して繁殖できないようにします。伝統的なレシピでは砂糖を果物の80%〜100%使います。
80%の砂糖で脱気殺菌まですれば、安心して室温で1年間保存できます。昔ながらの甘いジャムも美味しいものです。パンにつけるのはもちろんのこと、チーズやヨーグルトに添えたり、紅茶に落として楽しみましょう。砂糖の量を控える時は特にビンの脱気・殺菌を丁寧に行いましょう。面倒な方は冷蔵庫保存で早めに食べきるか、冷凍保存にする方法もあるので諦めないで!
簡単ラッピング
簡単ラッピング
布をフタより一回り大きい正方形に切って、ビンにかぶせ、ヒモやリボンで結ぶと可愛いプレゼントになります。
輪ゴムで仮止めしてしてから結ぶと簡単です。
簡単ラッピング
材料・日付・砂糖の量などを書いたラベルも貼りましょう。
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED