La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Recipe Topics/花と緑で幸せインテリア Style/志乃さんのスローライフ通信 Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ Guide/東京インテリアショップベストセレクト
レシピ
HOME サイトマップ
オリーブオイルが味の決め手!本場イタリアのマンマの料理を。 Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
レシピはこちら

シチリアでは家庭料理の基本がオリーブオイルとなることがほとんどです。
たいていの料理にオリーブオイルを使うので、家族3〜4人の場合、1週間に約1リットルのオイルを消費します。使わないとしたら、節約しなければならない事情があるか、10分以上もかかる大量の揚げ物をするか、またはラードを使った特別な料理の場合でしょう。典型的シチリア料理ではバターを使うことはなく、イタリアの他の州の料理で時々見られるようなバターとオリーブオイルを一緒に使うということも考えられません。
オリーブオイルは料理の命!料理や食材がシンプルであれば、なおさらその真価を発揮するのです。オリーブオイルが健康に良いかどうかは食の専門家に任せるとして、地中海料理だけでなく、油分が必要なたいていの料理にオリーブオイルを使うことを私はお勧めします。上質のオリーブオイルを使うことで、料理はより香り高く、味が良く、洗練されたものとなるでしょう。美味しい料理があれば、食事の時間がもっと楽しく、幸せになりますよね。
オリーブオイルの節約なんて、考えないでください!”本物の”シチリア人主婦は、美味しいオリーブオイルがなかったら、台所にいない・・・というくらい、オリーブオイルをたっぷり使います。

では、上質のオリーブオイルはどのように見分けるのでしょうか? 
オイルの品質をチェックする時に、残念ながら色は決めてにならないのです。 購入するときには、ラベルに注意を払いましょう。
まずは、エキストラバージン(EXTRAVERGINE)の表示があること。
もしPRODOTTO PROVENIENTE DA AGRICOLTURA BIOLOGICA(無農薬有機栽培農家生産)と書いていなかったら本当に自然な製品ではないかもしれません。
そして、DOP(保護指定原産地表示)であれば間違いなく美味しく、これが、生産者・生産地・生産方法などの保証付き認定となります。

どうぞみなさんも、ぜひ本物のオリーブオイルを一度試してみてください。 やみつきになりますよ。シチリアっ子の私がいうのですから、間違いありません!
では、さっそくこのオリーブオイルを使った、本場シチリアのマンマの味のつくり方をご紹介していきましょう。

Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
Vincenzo SPINUSO(ヴィンチェンツォ スピヌーソー)
Vincenzo SPINUSO(ヴィンチェンツォ スピヌーソー)
パレルモ大学卒業後、1982年から1995年まで、シチリア州の旅行ガイドとして働き、そのことが、レストランやオステリア、ホテルを熟知するきっかけとなる。子供の頃から、家で母親の料理の手伝いをし、大きくなってからもマンマの料理だけでなく、親戚や周りの主婦の料理に興味を示す。
1996年来日。財団法人日伊協会や千葉大学講師、イタリア語学文化センター<イル・チェントロ>専任教師として、イタリア語のみならず、シチリアの一般的な芸術・歴史をはじめ、その地域の料理についての講座やセミナーを担当してきた。
ミックスサラダ・トマトソースのパスタ・白身魚の煮込み
いんげん豆のスープ・アンチョビとドライトマトのパスタ・ゆで牛肉
アンチョビ風味のキノコ炒め・ラグーソースのパスタ・レバーの甘酢風味
ナスのアンティパスト シチリア風・ズッキーニのパスタ・魚のオーブン焼き
イタリア風焼きピーマン・揚げナスのパスタ・スズキのオーブン焼き
アンチョビのブルスケッタ・春野菜のパスタ・パレルモ風ステーキ
カリフラワーのサラダ・玉キャベツのパスタ・クルマエビのオーブン焼き
シチリア風オムレツ・たらこのパスタ・オリーブソースのポルペッタ<ミートボール>
カジキマグロのマリネ・車えびのリングイネ・魚のムニエル風オーブン焼き
フンギのフライパン焼き・あさりのスパゲッティ・真鯛のオリーブ風味
ナス、トマト、イカを使った夏の食卓
たこのサラダ・小エビとウニのパスタ・魚のロースト
PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED