La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Recipe Topics/「灯り」で癒されたい、秋の夜長 Style/志乃さんのスローライフ通信 Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ Guide/東京インテリアショップベストセレクト
レシピ
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Recipe バックナンバー レシピをプリント!
フンギのフライパン焼き・あさりのスパゲッティ・真鯛のオリーブ風味
Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
フンギのフライパン焼き
フンギのフライパン焼き
材 料:
(2人分)
マッシュルーム 350g
ニンニク 2カケ
イタリアンパセリ または ミント
オリーブオイル、塩 と 胡椒
作り方: ▽ フンギ(キノコ)をスライスし、みじん切りしたニンニクと一緒にフライパンに入れます。最初は強火で火にかけるのがポイント。
▽ フンギの水気がなくなるまで、木じゃくし(レードル)でよく炒めます。
▽ オリーブオイル、塩・胡椒、細かく刻んだパセリ又はミントで味付けし、それから大体2分後くらいに火を止めます。
▽ 小鉢に入れてできあがり。熱いままいただくか、冷やして召しあがるかはお好みで。
あさりのスパゲッティ
材 料:
(2人分)
スパゲッティ 180g
アサリ 350g
ニンニク 1〜2カケ
イタリアンパセリ
オリーブオイル、塩 と 胡椒
作り方: ▽ 大きめのフライパンか浅鍋に、みじん切りのニンニクとオリーブオイルを入れます。
▽ 少し温めたら(ニンニクは焦がしてしまってはダメ。白っぽい方がいい。)、アサリをよく洗ってから加えます。
▽ 刻みパセリをふりかけて、蓋をして、2〜3分強火にかけます。
▽ それから火を弱め、5分くらいしてアサリのふたが開いたら、火から降ろします。
▽ スパゲッティをアルデンテに茹で、水を切って、
  フライパンか浅鍋(スープ皿でもよい)に移して、アサリと和えます。
▽ お皿に盛り、オリーブオイルを生のままうっすらかけて、胡椒をし、刻みパセリを飾ってできあがり。
あさりのスパゲッティ
真鯛のオリーブ風味
真鯛のオリーブ風味
材 料:
(2人分)
真鯛 1尾(450gくらいのもの)
タマネギ 1/2コ
ニンジン 1/2本
セロリの茎 1/2本
ローリエの葉 数枚
イタリアンパセリ
レモン 1コ
オリーブオイル と 塩
作り方: ▽ 広めの片手鍋に1.5リットルくらいの水を沸騰させます。
▽ 大きめに切ったタマネギ、ニンジン、セロリを中に入れます。
▽ ローリエの葉を加え、塩をふり、15分ほど煮込みます。
▽ 専用のうろこひきか、包丁の背で魚のうろこを取ります。
▽ 魚は、胸びれの下から腹側に切り目を入れて、内臓を取り除きます。
▽ ここで、水を流しながら魚をよく洗いましょう。
▽ 野菜のスープの中に魚を入れて、10分くらい中火で煮込みます。
▽ 火が通ったら、魚と野菜を取り出して水分を切っておきます。
▽ 魚の骨を取り、頭と尻尾を切って、魚の身の部分をお皿に盛り付けます。
▽ オリーブオイルをたっぷりかけて、刻みパセリとレモンの薄切りを飾ります。
▽ 野菜は別のお皿に取り分け、オリーブオイルをかけて、『コントルノ(付け合せ)』としていただきましょう。
パスタの茹で方
パスタには乾燥パスタと生パスタがあります。手に入れるにも料理するにも簡単であることと、大部分のイタリア人が使っているので、ここで紹介するレシピには、乾燥パスタを使うことをお勧めします。
1人分のパスタの量は、食事の習慣やレシピの材料にもよりますが、80〜100gが平均的です。
鍋は蓋のついた広めのものを使うほうがよいでしょう。
水の量は、パスタ100gに対して800〜1000ccくらいが適当で、この水の量に対して、塩はスプーン1杯程度、およそ8〜10gが必要です。
まず、鍋に蓋をしたまま塩水を沸騰させます。そこにパスタを入れて、最初の30秒くらいは木べらでよく混ぜましょう。
お湯は常にほどほどに沸騰させておき、できるだけちょくちょく混ぜることがポイントです。
茹で時間は、ふつうパスタのパッケージに表示してありますが、わずかに白い芯が残るくらいが、ひきあげ時です。
素材の味を生かし、ソースの味付けをひきたてるために、そして消化を良くするにも、"アルデンテ"(歯ごたえがある)の状態でパスタ用水切りカゴにあけ、水気を十分切って食べることをお勧めします。ボナペティート!
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED