La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Recipe Topics/ほんの少し考えて、人もペットもハッピーに Style/志乃さんのスローライフ通信 Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ Guide/東京インテリアショップベストセレクト
レシピ
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Recipe バックナンバー レシピをプリント!
たこのサラダ・小エビとウニのパスタ・魚のロースト
Recipe/ヴィンチェンツォの簡単イタリアお料理レシピ
たこのサラダ
たこのサラダ
材 料:
(2人分)
ゆでたタコ 250g
セロリの茎 1/2本
タマネギ 1/5コ
レモン 1/2コ
オリーブオイル、塩
作り方: ▽タコを小さく切って、小鉢に入れます。
▽セロリを洗って、小さく切り、タコと一緒に小鉢に入れます。
▽タマネギは、皮をむいて薄切りにし、冷水の中に数分浸してから加えます。
▽塩とたっぷりめのオリーブオイルをかけて、皮をむいたレモンの薄切りを飾ります。
▽食べる前30分以上は室温でマリネにしておきましょう。


*ポイント:タコは、すでに茹でてあるものを魚屋かスーパーで入手します。もし、新鮮な生のタコだったら、洗ってから軽い塩水の中に漬けておきます。茹で時間は、タコの大きさによります。
小エビとウニのパスタ
材 料:
(2人分)
スパゲッティ または リングイネ または 卵入りのタリアテッレ 180g
むき小エビ 80g
ウニ 30〜40g
ニンニク 1カケ
イタリアンパセリ
オリーブオイル、塩と胡椒
作り方: ▽大きめのフライパンにオリーブオイルを少量引き、みじん切りしたニンニクを2カケ分入れ、軽く温めます。
▽小エビを加え、弱火で約5分、蓋をして調理します。
▽ボールにスプーン2〜3杯分のオリーブオイルを入れ、ウニと刻みパセリを足し、フォークでクリーム状に混ぜます。
▽パスタをアルデンテに茹で、水気を切り、フライパンの中にうつし小エビとあわせて、それをボールに入れます。
▽全体をよく混ぜ合わせ、お好みで胡椒をし、出来上がり。
小エビとウニのパスタ
魚のロースト
魚のロースト
材 料:
(2人分)
魚(マグロ、カジキマグロ、鮭)の切り身 2切れ
オリーガノ または イタリアンパセリ または メンタ
オリーブオイル と 塩
作り方: ▽オリーブオイル、オリーガノかパセリ、またはメンタ、そして塩でマリネード
(マリネ用の漬け汁)を多めに作り、その中に魚の切り身を30分漬けておきます。
▽切り身にマリネードを塗りながら、両面をグリルします。
▽焼きあがったらお皿に入れ、残りのマリネードをかけて、出来上がり。
パスタの茹で方
パスタには乾燥パスタと生パスタがあります。手に入れるにも料理するにも簡単であることと、大部分のイタリア人が使っているので、ここで紹介するレシピには、乾燥パスタを使うことをお勧めします。
1人分のパスタの量は、食事の習慣やレシピの材料にもよりますが、80〜100gが平均的です。
鍋は蓋のついた広めのものを使うほうがよいでしょう。
水の量は、パスタ100gに対して800〜1000ccくらいが適当で、この水の量に対して、塩はスプーン1杯程度、およそ8〜10gが必要です。
まず、鍋に蓋をしたまま塩水を沸騰させます。そこにパスタを入れて、最初の30秒くらいは木べらでよく混ぜましょう。
お湯は常にほどほどに沸騰させておき、できるだけちょくちょく混ぜることがポイントです。
茹で時間は、ふつうパスタのパッケージに表示してありますが、わずかに白い芯が残るくらいが、ひきあげ時です。
素材の味を生かし、ソースの味付けをひきたてるために、そして消化を良くするにも、"アルデンテ"(歯ごたえがある)の状態でパスタ用水切りカゴにあけ、水気を十分切って食べることをお勧めします。ボナペティート!
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED