La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Italian life Topics/ラッキーアイテムで幸せ気分 Cinema/映画で見つけたインテリア Italian life/Ciao イタリア日和 Cafe Guide/東京カフェガイド
イタリアレポート
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Italian Life バックナンバー
vol.11 フィレンツェ郊外、ひとり暮らしのアパートとは? あちこちを飛び回るアクティブな青年の生活風景 リアルなイタリア生活リポート

玄関入るとアーチ型の壁が迎えます
Bargo antico

フィレンツェ空港に近い郊外に住むLorenzo(ロレンツォ)は、サルデーニャ島出身、フィレンツェ在住暦の長い30歳の美青年! イタリアでは郊外=城壁外、彼の住む住宅地も城壁外に発展した古いエリアです。両親所有のアパートメントを2年前に改装し、その1室がロレンツォの住まいです。アパートは全部で5室あり、4室は58-60㎡前後のbilocale(ビロカーレ:1LDK〜2Kに近いイメージ)、1室は最上階、約20㎡のmonolocare(モノロカーレ:ロフト付小さめな部屋)という構成。小さめな集合玄関を入り階段で各部屋へ。ここは低層なのでエレベーターはありません。彼の部屋は60㎡弱のビロカーレ、シンプルそしてとてもキレイに住んでいます。キッチンもベッドルームも整頓され部屋のあちこちに観葉植物が見られます。白い壁と造り付け家具、ポイントにオレンジや明るい茶色を使ったインテリアも素敵、女性にも人気がありそうな部屋ですね。またアーチ型にくり抜いた仕切り壁も部屋のアクセントになっています。

バルセロナへ旅行した時のワンショット!絵になりますね

ビロカーレ(2部屋の意味)の間取りは日本の1LDK〜2Kに近い

褐色の天板がキレイなキッチン

階段を上がると自室の玄関が見えます

日当たりのいいシンプルなリビング
褐色の天板がキレイなキッチン

アパートメントの集合玄関、隣のバールはもちろん常連です

朝の光が明るく差し込むベッドルーム
Caro Amico!

私たちが知り合ったのは約8年前…彼は大学で林学を専攻中、木や森の話で盛り上がったなあ。とにかく大学にバイトに遊びに忙しい彼、お互いちょっと空いた時間にバールでお茶したり、雑談しながら散歩したり、懐かしいなあ。もちろん今でもメールのやり取りが続いています。彼の忙しさは相変わらずで、とにかく予定がいっぱい。最近フィレンツェ大学に聴講登録をしてランドスケープデザインの授業を受け始めたとの知らせが! スポーツジムにも通いだしたらしいし、ますます忙しくなりそう。日々の足は専らバイク、かっとんでいる彼のイメージはいつでも活動的です。週末には友達とピッツァを食べアイスクリーム片手に散歩、時には深夜まで飲みすぎて翌朝ツライこともあるとか。またフィレンツェに住み始めても時間を見つけてはサルデーニャに帰省し元気な顔を見せる家族思い、旅行も大好きでヨーロッパ諸国だけでなくアメリカ方面も…20代にはオーストラリアに留学したりとアクティブな生活を送ってきました。そして彼のお姉さんも更にアクティブ! 6年前にカナリア諸島のフエルテベントゥラ島に家を購入、航空会社の地上係員として働きながら婚約者と新しい生活をスタートしたんだそうです。ロレンツォは「いつかは日本にも行くよ!」と言っています。本当に日本訪問が実現したら楽しいのに! と願う大切な友人のひとりです。

オレンジのタイルが楽しいシャワールーム
Bella! isora di Corsica!!
漁港に面した素朴な外観、夕方の穏やかな一時を感じます

ナポレオン誕生の地として有名なコルシカ島は地中海で4番目に大きいフランス領の島、ロレンツォの出身であるサルデーニャ島の隣島です。平地が少なく海辺のすぐ背後には山が連なっていてハイカーに人気のスポットが多く存在しています。登山が厳しい山ほど美しい!この魅力に吸い寄せられるんだそうです。海沿いも崖から城塞の町が発展していて個性的な風景です。国は違うけれど連絡船で繋がる近さ「ちょっと遊びに行ってきたよ」と夏の風景を送ってくれました。島の素朴さ、夕刻の穏やかな時間を感じる素敵な景色ですね。

海の背後はすぐに美しい山が連なっています

真っ青な海をバックに寛いでいる姿がいいですね
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED