La Finestra nuova Vol.9
15/24

1546587ドアや窓の交換は避けたほうが無難便利なDIYグッズも過信は禁物そろえておきたいツール類ベランダリノベは規約を守って慎重に周囲への配慮も…騒音問題に注意まず、集合住宅の玄関ドアや窓は共用部分なので勝手に交換するのは禁止されています。それは賃貸も持家も同じ。室内のドアは法的には問題ありませんが、同じサイズのドアを探したり床に擦らないよう削ったりなどの調整は大変です。プロに任せたほうがよいでしょう。最初にそろえたいDIYツールを集めてみました。写真右上から、ネジを締めたり穴を開けるためのインパクトドライバーや電動ドリルはまず持っておきたい工具です。「これがあると作業の手間が格段に減ります」(竹沢さん)。左隣がマスキングテープ、メジャー、養生用のマスカー。中段が手動のドライバー。下段がノコギリ。そのほか、塗装をするならハケやバケツなどの道具一式や、棚などを水平に設置するための水平器もあると便利です。賃貸住宅リノベでよく使われる両面テープやマスキングテープ。確かに便利ですが、強力すぎてはがした際に元の塗装もはげてしまったなんてことも。逆にベニア板など重量のあるものを支えきれずに落下してしまう例もあります。目立たない小さな面積で粘着度を確かめる、一度取り付けたらしばらく時間をおいてはがれ具合を見てみるなど、こまめな確認を。忘れがちですが、特に集合住宅で気をつけたいのが騒音問題。ノコギリや電動ドライバーなどの音はかなり響くので、早朝や夜間の使用は避けて。日中であっても、ベランダで木くずが飛び散るような作業は避けたほうがよさそうです。室内で行う、ホームセンターのDIYスペースを借りるなど工夫しましょう。集合住宅のベランダは玄関ドアや窓と同じく共用部分の扱いです。勝手に床にタイルを貼り付けたりしないように注意して。貼り付けずに置くタイプなら問題ありませんが、高層階では思いのほか風が強く飛ばされてしまうことも。物件の規約や商品の説明書をよく確認すること。避難経路をふさいでしまうのもNGです。憧れのルーバードアも、自分で交換するのは避けるのが吉。既存のドアにシートを貼るなどで対応して。インパクトドライバーがあると作業の幅が広がります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です