La Finestra nuova Vol.8
7/24

7VOL.8 2015 AUTUMNテーブルをはじめとした家具への衝突は、発生の報告件数、医療機関を受診した件数ともに多い事故です。つまりそれだけしっかりとした対策が必要だということ。鋭い角は市販や手づくりのクッション材でガードしましょう。透明で目立たないタイプのクッション材も市販されています。また、床には余計なものを置かないようにしましょう。Advice意外と多い、ドアの指はさみぐらり、その先にテーブルの鋭い角が! ドアを開けようとしたら、蝶番側のすき間に指をはさみそうになってしまいました。開口側に手指をはさんだり、下のすき間に足の指をはさむ事例も報告されています。場合によっては爪がはがれるようなケガにつながることもあります。1歳過ぎの子どもはまだ歩き始めたばかりで不安定。床で滑って転んだり、床に置かれたものに乗ってよろめいたりも頻繁にあります。もし転んだその先にテーブルの鋭い角があったら大変です。子どもがよく出入りするドアには、市販のドアストッパーやドアクッションを利用するといいでしょう。蝶番側は手が届く高さまでカバーを設置するという方法もあります。きちんとドアノブや引き手を持って開閉すること、勢いよく閉めないことなどを子どもに根気よく教えることも大切です。Advice

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です