La Finestra nuova Vol.11
4/24

4La Finestra nuova Vol.11テキスタイルトレンド 「柄はモダン化の傾向があります。あまりごちゃごちゃさせず、シンプルでさらっとした柄が今っぽい印象です。そんな中でも注目なのが、1リピートのサイズが今まで以上に大きくなっていること。いわゆる“ビッグリピート”の柄が増えています」 これにはテクノロジーの進化も影響しているようです。 「インクジェットプリンターの進化などでより大きく繊細に柄を表現できるようになったことが大きいです。シアー生地に施された大きなプリント柄はその代表的なもの。またグラデーション柄にも注目です。インパクトがありながら繊細で美しい表現が、空間を優しくグレードアップしてくれます」霞の中にいるような大きなグラデーション大柄グラデで幻想的なシアー縦129㎝の大きなリピート。グラデーションパターンも今季人気になりそうな注目の柄です。赤と青という正反対に近い色合わせも、ニュアンスカラーだからうるさくなりません。●ドレープカーテン「E5076グライド」/アスワン100㎝リピートのシアーは横使いと縦使いでイメージが大きく変わります。角度によって表情を変えるオーロラのような玉虫色のグラデーションが幻想的。●シアーカーテン「トキカネ PF1453BL 」/フジエテキスタイルまるで花園の中にいるみたい色とりどりの花々が生地の下半分に大胆にデジタルプリントされたボイル。アートを飾るようにシンプルな部屋の主役として使いたい生地です。●シアーカーテン「D-7014」/スミノエインパクト大の「大柄」で空間を大胆に彩る

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です