La Finestra nuova Vol.10
18/24

18La Finestra nuova Vol.10 厚手の生地やハリのある生地を使ったカーテンは、生地の反発が強くたたみ代が大きくなりがち。カーテンを開けても窓がふさがれてしまうことも多く見られます。そんなときは「カーテンストッパー」をレールに設置すれば、カーテンの広がりを抑えてコンパクトに納められます。また、一部のレールで選べる「メタルRキャップ」ならキャップ部分にカーテンの一部を納められ、たたみ代を小さくできます。見た目にもすっきりしておすすめです。 掃き出し窓からベランダなど外に出る際、窓の端から出ようとするとカーテンが邪魔になってしまうことがあります。それを解決するのがカーテンレールの両サイドにサイドマグネットランナーを設置する「マルチマグネット機能」。普段はマグネットでしっかりカーテンの両端を留めておき、必要なときにはさっと開けられて便利です。出入りの多い窓には設置しておくといいでしょう。カーテンを開けたときのたたみ代が気になります。何とかなりますか?掃き出し窓から外に出るとき、カーテンが邪魔にならない方法って?マルチマグネット機能でカーテンが邪魔にならず出入りもラク。洗濯物を干すときなどに便利です。カーテンストッパーを取り付けた位置でカーテンを留めることができるから、たたみ代を小さくでき開口部もすっきり(写真はエリート)。サイドマグネットランナーの磁石の力で開け閉めラクラク!ランナーが走る溝が刻まれたメタルRキャップなら、キャップ部分にまでカーテンのたたみ代を納めることができます(写真はレガートスクエア)。※カーテンストッパーのみレガートグラン※/レガートスクエア レガートプリモ/レガート/コルティナ※フィットアーキ/ネクスティ※/エリート※QQたたみ代を納められる「メタルRキャップ」や「カーテンストッパー」が便利です。「マルチマグネット機能」で簡単に解決できます。AA対応カーテンレールコルティナ(標準仕様)/レガートグラン/レガートスクエアレガートプリモ/レガート/フィットアーキ/ネクスティ対応カーテンレールBeforeAfter

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です