La Finestra nuova Vol.10
10/24

10――「エリート」は50年前の誕生当初からレールの形自体は変わらないと聞きました。川村哲也さん(以下川村)  50年前に発売されたものが今も業界の定番であり続けるのは、発売時点ですでに完成された形であったということでしょう。当時の日本はまだカーテン文化の黎明期。トーソーはカーテンレールを販売するだけではなく、日本にカーテン文化を普及させることを目指していました。それまでは金属のレールでただ布を吊すだけでしたが、美しくカーテンを吊し、さらにレール自体の見た目も良いものにしたいという意識があったことも誕生の背景にあります。橋本いつかさん(以下橋本) 発売当初から木目柄がラインアップに含まれていたのが画期的だったようです。ここ20年は特にインテリア全体で色や質感が重視される流れがあり、それに合わせてエリートの色展開も変化しています。発売時の木目と今のものはかなり質感が異なるんですよ。また、取り付けやすいことも長所のひとつです。これまでいろいろな状況に対応できるブラケットを開発してきました。川村 色や周辺パーツが時代に合わせて変化してきたこともエリートがトップであり続けた理由のひとつだと思います。橋本 今年9月にも最近の間取りに対応した新しいブラケットを発売しますが、これは通常のものよりレールを上に持ち上げて光漏れを軽減するものです。最近多い天井までの高さのクローゼットの扉に干渉しないのも利点です。川村 カーテンをどれだけスムーズかつ静かに動かせるかというカーテンレールの本質的な機能は最も重視しないといけません。そ住まいの窓まわりを支えるカーテンレールであるために日本に美しいカーテンレールを広めたい開発者インタビューカーテンレール開発チームの川村さん、橋本さんを直撃!「エリート」誕生から現在に至る開発秘話、そして待望の新色について伺いました。エリート誕生!マグネットランナー発売天付けWブラケット追加静音ランナー発売業界初ワンタッチブラケット発売連結Eランナー発売ワンタッチブラケットエリート+装飾レールのセット発売開始トヨタ・カローラ誕生江崎グリコ・ポッキー誕生演芸番組・笑点放送開始ザ・ビートルズ来日トーソーによる「インテリア研究会」開始インテリアコーディネーター資格誕生住宅展示場の流行19661967197719731983198519869月に発売される「LTエキストラシングルブラケット」(下写真)。クローゼットの扉などに干渉しないコンパクトな形状です。BeforeAfterエリート   年の歩み50天然木の質感を目指した表面の仕上げにも注目です。

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です