La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Cinema Topics/大人のフレンチカントリー Cinema/映画で見つけたインテリア Italian life/Ciao イタリア日和 Cafe Guide/東京カフェガイド
映画
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Cinema バックナンバー
Cinema Cinema/映画で見つけたインテリア
vol.01 ヘイフラワーとキルトシュー
とことんかわいい
北欧の雑貨やインテリアが満載!

色の使い方って難しいな〜って思います。めんどうだから、洋服にしてもなるべくベーシックなネイビーやベージュなど無難な色を選んでしまいます。ところが先日、カラーコーディネーターの友人に『色は取り入れないと使い方が分からなくなっちゃうよ!』と言われて愕然! 最近は、お洋服にも色を取り入れるように心がけているのです。

そこでインテリアも色使いを楽しんでみたくなりました。そんな気分のときにお薦めなのがフィンランドから届いた『ヘイフラワーとキルトシュー』。しっかりものでチャーミングなお姉ちゃんヘイフラワーと世界一わがままだけど憎めない妹のキルトシュー、そして家事がまるっきりだめなお母さんとジャガイモの研究に熱中するお父さんという一癖あるファミリーの物語。

どたばたなストーリーなのに、ほんわかあったかい気分にさせてくれるのはインテリアの色使いのせいでしょうか? とびきり可愛いくっていたずらでチャーミングな姉妹をカラフルなインテリアがつつみこんで、おとぎの国に迷い込んだみたいです!
イエローのキッチン、オレンジのダイニング、姉妹の部屋は水色、階段は赤・・・。どこも色であふれているのになぜか嫌味がないのです。むむ…、なぜだろう?? よーく見てみると、壁の色がビビットというより、すこぉしだけスモーキーがかったニュアンスのある色。そして、なにより可愛いのは壁紙! ラブリーな花柄、動物柄、幾何学模様、などなど…。実は一色の色を全面に使うより、柄のおかげで柔らかなイメージに変わるんですね。なるほど、そうだったのか! 一見難しそうだけど試してみたいな〜。

そして、そして、パステルカラーのダイニング家具、(特に椅子の色とデザインが全部違うのが可愛い!)、オーブンにかかった可愛い布達、きれい色のフルーツボウルやフラワーベース、姉妹のベッドリネンの柄…。北欧ならではの“大人かわいい”感じがとーっても素敵!

うーんこれは、なかなかのテクニックですねっお母さん!これだけ絶妙なインテリアコーディネートが出来るのだから、家事が出来なくても(ヘイフラワー達はそこが不満なようだけど…)私が娘なら少しだけ許してもいいかな?
ちなみに、試験管がいっぱいならんだお父さんの仕事部屋も結構好きっ!

2002年
フィンランド

家族思いのヘイフラワーとわがまま放題のキルトシュー、
2人のキュートな魅力が詰まったファミリー映画

監 督:カイサ・ラスティモ
出 演:カトリーナ・タヴィ、ティルダ・キアンレト、
アンティ・ヴィルマヴィルタ、ミンナ・スローネン
配 給:アンスールピクチャーズ、イフ・エンターテインメント
DVD発売:アット エンタテインメント
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED