La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Cafe recipe Topics/灯りをきわめる! Interior adviser/インテリアアドバイザー at museum/アット・ミュージアム Cafe recipe/カフェレシピ
カフェレシピ
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Cafe Guide バックナンバー
みどりさんちのカフェレシピ Cafe recipe カフェレシピ
vol.11 赤ワインソースのハンバーグ キャベツのピクルス/いちじくと柿のセミドライ
今日はみんな大好きなハンバーグ。

スタンダードな人気メニューだからこそ、

シンプルな材料で、いちばん美味しくつくりたい!

見た目も大事に。

ポイントをしっかり抑えて、ふっくら、まあるい焼き上がりを目指します。

レストランのように白いお皿に盛り付ければ、

ちょっと特別なディナータイムの始まり。

美味しいワインも用意して、夜は長くなりそうです。

They’re my special favorit.
赤ワインソースのハンバーグ
材料(2人分)

牛肉の割合が高い、ちょっとリッチなハンバーグ。大ぶりのマッシュルームが見た目も味も、ひきたてます。

玉ねぎ(中) 1/2個
バター  5g
塩・胡椒 適宜
牛ひき肉 160g
豚ひき肉 40g
マッシュルーム 5個
オリーブ油 適宜
(A)パン粉 大さじ1
牛乳 大さじ1
(B)卵黄 卵(Mサイズ)1個分
ウスターソース 小さじ1弱
塩 適宜
黒胡椒 適宜
ナツメッグ 適宜

(C)赤ワイン 大さじ1強
ウスターソース 大さじ1
ケチャップ 大さじ1

(付け合わせ)
 クレソン
 キャベツのピクルス(※掲載レシピ参照)
 などお好みで
作り方
point1 ponint2

1 玉ねぎはみじん切りにし、バターを入れて熱したフライパンで色がつく程度までゆっくりと炒め、バットなどに移してしっかり粗熱をとる。
1 (A)を小さめの容器などに入れて、パン粉がふやけるよう、しばらく置く。
1 ボールに牛ひき肉と豚ひき肉を入れ、手で粘りが出るまでよく混ぜ、さらに12、(B)も加えて練り混ぜる。
1 3 を2等分にしたら、両手にオリーブ油をつけて小判型に成形し、(両手でキャッチボールをするようにしてタネの空気を抜くと焼き上がりがきれいになる)中央にくぼみをつくる。
5 4 をバットなどに並べてラップをし、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。
6 熱したフライパンにオリーブ油を敷き、5 のハンバーグを中火で焼く。
7 焦げ目がついたら裏返し、弱火にしてマッシュルーム(半分に切る)を加え、軽く塩を振ったらフタを閉めて蒸し焼きにする。※途中でマッシュルームも裏返して焼く。
8 ハンバーグがふっくらと膨らみ、中央を竹串で刺して透明な肉汁が出るようなら焼き上がり。火を止めて、お皿に盛りつける。
9 (C)を8 のフライパンに入れて、ゆすりながら弱火にかけ、ハンバーグにかける。
10 付け合わせにクレソンや、キャベツのピクルスを添えて、できあがり。

炒めた玉ねぎは、保冷剤などを使用し、しっかり粗熱をとること。

ハンバーグは焦げすぎないよう注意。
キャベツのピクルス いちじくと柿のセミドライ
材料(4〜5人分) 材料(3〜4人分)

キャベツ 1/4個
(A)酢 80ml
水 200ml
砂糖 大さじ2
塩 小さじ1
にんにく(皮付き)1片
唐辛子(種は取り除く) 1/3本
ローリエ 1枚
胡椒(ホール) 15粒くらい

いちじく 2個
柿(種なし) 1個
作り方

1 いちじくは、ヘタを切り落とし、皮付きのまま8等分のくし形に切る。
1 柿は皮をむいて8等分のくし形に切る。
1 1 2 をクッキングシートに並べ、100℃のオーブンで50〜60分程加熱して水分をとばす。
 冷めたら保存容器などに移して冷蔵庫で冷やし、できあがり。(クラッカーの上にチーズやハチミツと一緒にのせたり、ヨーグルトに入れるなどお好みで)
作り方

1 (A)の材料を小鍋に入れてひと煮立ちさせ、冷ましておく。
1 キャベツは食べやすい大きさに切ってボールに入れ、熱湯(分量外)を注いで5分程置く。
1 2 のキャベツがしんなりとしてきたら、しっかりと水気をしぼり、清潔な保存ビンに入れる。
1 上から1 を流し入れてフタをし、冷蔵庫で一晩寝かせてできあがり。(※器に盛る際には、軽く汁気を切る。)

水分を軽くとばしたフルーツ(セミドライ)は、甘みを増して、
程よくジューシー。
ワインとの相性もばつぐんです。

手軽につくれるピクルスは、肉料理の付け合せに最適。
甘さと酸味のバランスはお好みで!
わたしのお気に入り
みどりさんが愛用している、キッチンまわりのあれこれを紹介 ラッピング

古い木製のレターラックのなかには、ラッピングに使用する小物がぎっしりと並んでいます。
料理やお菓子は、盛り付けやテーブルコーディネートまで含めて楽しいもの。だから、誰かに食べ物をあげるときだって、ラッピングも自分のすきな感じに包んで贈りたいと思ってしまいます。
戴きものを包んでいたリボンや包装紙、合羽橋で買った業務用の紙袋や麻紐、少しずつ集めて増やしていきました。基本的に、ナチュラルでシンプルなものが好きだから、キラキラした装飾よりは、素材感のあるものや業務用の素っ気ないデザインが多いかな。特にワックスペーパー(蝋引き紙)はお気に入り。耐久性があって、使い込むうちに独特の白い線がいい風合いにでるんです。
お店みたいに包装できるとニンマリして、ちょっと嬉しくなる一瞬。あげる相手もよろこんでくれるといいな。
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED