La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Cafe recipe Topics/こだわりのメイド・イン・ジャパン Interior adviser/インテリアアドバイザー at museum/アット・ミュージアム Cafe recipe/カフェレシピ
カフェレシピ
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Cafe Guide バックナンバー
みどりさんちのカフェレシピ Cafe Recipe カフェレシピ
vol.10 牛肉とトマトのオイスターソース麺 トマト・大根・ちくわのおでん/トマトジュース×ビールのカクテル
夏の疲れは大丈夫ですか?

きょうは、夏野菜の王様・トマトが主役のトマトづくしメニュー!

テーブルをぱっと明るくしてくれる、真っ赤でまん丸、キュートなトマト。

おすすめは、トマトのおでん。ほどよい酸味で、さっぱり頂けます。

いつものビールも、トマトで割れば、爽やかなカクテルに変身。

いろんな味のトマトを存分に味わって、元気をもらいましょう!

Tomato! Tomato! Tomato!
牛肉とトマトのオイスターソース麺
材料(2人分)

牛薄切り肉 120g
(A)砂糖 小さじ1
醤油 大さじ2/3
酒 大さじ2/3
おろし生姜 適宜
片栗粉 小さじ1
玉ねぎ(大) 1/4個
セロリ(葉の部分も) 1/2本
トマト 1個
にんにく 1片
唐辛子 1/2本
ごま油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1強
黒胡椒 適宜
干しうどん(細め or きしめんタイプが合う) 180〜200g

牛肉と夏野菜のスタミナ麺メニュー。
細めのうどんがまるでパスタのようで、つるつると美味しい!
作り方

1 牛肉は食べ易い大きさに切り、(A)で下味をつける。
2 玉ねぎ、トマト、セロリ(茎と葉は分ける)を食べやすい大きさに切る。
3 にんにくはみじん切り、唐辛子は種を取って3mm幅に切り、ごま油を敷いたフライパンでゆっくり火を入れる。
4 3 がフツフツとしてきたら、玉ねぎとセロリ(茎)を加え、炒める。
5 さらに1 の肉を広げながら炒め、全体に火が通ったら、一旦火を止める。
6 鍋に湯を沸かし、干しうどんを茹でて(指定の時間よりやや短めがよい)ザルにあげ、冷水で水洗いをする。
7 5 を再び火にかけ、6 とトマト、セロリ(葉)を加えて強火で炒め合わせる。
8 オイスターソースと黒胡椒で味を整えて、できあがり。
point1 point2

切り口の見本。ざっくり食べやすい大きさに。

トマトとセロリ(葉)は、さっと火を通すくらいでOK。
トマト・大根・ちくわのおでん トマトジュース×ビールのカクテル
材料(3〜4人分) 材料(2人分)

トマト(ミディサイズ) 6個
大根 1/2本
ちくわ(大) 2本
だし汁 600ml
酒 大さじ2
(A)みりん 小さじ1
塩 小さ1/2
醤油 小さじ1強

トマトジュース 適宜
ビール 適宜
レモン 適宜
作り方

1 よく冷えたグラスを用意し、グラスの半分の高さまでトマトジュースを入れる。
2 残り半分は、ビールをゆっくりと注ぎ入れ、上から香りづけにレモンを絞る。
3 軽くかき混ぜて、できあがり。
作り方

このカクテルの名前はレッドアイ。アルコール度数も低いので、お酒に強くない人にもおすすめです。レモンが美味しさのポイント!

1 トマトは湯むきをしておく。(トマトのヘタを取り、おしりの部分に包丁で小さく十字の切り込みを入れて、沸騰した湯の中に数十秒間くぐらせたのち冷水にあげて皮をむく)
2 大根は輪切りにし、面取りと隠し包丁を入れる。
3 ちくわは食べ易い大きさに切る。
4 大きめの鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰してきたら2 の大根と酒を入れて、大根に火が通るまで煮る。
5 (A)の調味料を入れて15分程弱火で煮込む。
6 最後に13 を加え(温める程度でよい)できあがり。

トマトが入った変わりおでん。
つかれ気味の胃腸に、やさしい一品です。
わたしのお気に入り
みどりさんが愛用している、キッチンまわりのあれこれを紹介 ひしほ醤油

ひしほ醤油は、金沢でつくられている「生のお醤油」。生(なま)というのは、加熱殺菌してないことで、もろみの香りを絞りたてそのままに味わえる、お醤油なのです。
はじめて口にした瞬間、ほかのお醤油と比べなくても、甘くコクのある香りと味わいが歴然でびっくりしました。
これで、お刺身をいただくと一際、美味しくなるんです。
やっぱり調味料って基本で大事。料理の腕が一段あがったと思うほど、味が変るものもあります。はじめて、その差を感じるものに出会ったのがひしほ醤油でした。
丁寧に製造されているので、市販の醤油より高級で、なかなか常用にはできませんが、贈り物など、誰かに教えたくなる一品です。
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED