La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Cafe Guide Topics/シンプルデザインが光る!上質な暮らし Cinema/映画で見つけたインテリア Italian life/Ciao イタリア日和 Cafe Guide/東京カフェガイド
東京カフェガイド
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Cafe Guide バックナンバー
ラ・フィーネストラ編集部・aiaiの 東京カフェガイド 目で楽しんでも味もイケテルカフェ紹介
vol.05 渋くて、繊細で、心地よい、茶房と茶藝館へ
「月和茶(ゆえふうちゃ)」「北斎茶坊」

寒くて、家でおこもりしていたい…そんな季節がやってきました。
こんな日は中国茶や日本茶、そして甘いスイーツを食べに行きませんか?
温かくて体にも優しくて、スルスルと気持ちがほぐれてきます。
今回はなぜだかホッとして、ゆっくりと時間を過ごせる、アジアや和テイストのお店をご紹介します。

窓辺に置かれた茶器を楽しんで。
経堂01
月和茶
台湾の茶藝館へのプチ・トリップ
楕円のタイルを敷き詰めたカウンターは、空間に独特の雰囲気を生み出します。

台湾には老若男女が中国茶を楽しむ『茶藝館』と呼ばれるカフェのような場所があります。
そしてこの経堂にもオープンから9年目を迎える素敵な茶藝館、「月和茶」があるのです。
以前はデザイン関係の仕事をしていたという台湾出身のオーナー、楊さん。店内はひとつひとつ楊さんの手づくりです。
イメージは台湾の民家だそうで、その雰囲気づくりのポイントは店内の“色合い”とのこと。珪藻土が塗られた壁や柱のベージュのグラデーションは、ナチュラルでいて趣きがあります。そこに赤を主とした五色の差し色によって、アジアらしい力強さが感じられました。
また、テーブルや椅子も台湾の民家で使われていたアンティークです。シンプルで素朴ですが、よく見ると彫刻の仕様など、西欧や日本のものとデザインが違うのがわかります。
丁寧に入れられたお茶は、ハッとするほどよい香り。体への効用もある健康茶は女性に人気があるそうです。
作法が分からなくても大丈夫。思い思いにお茶を楽しんでおしゃべりするのが『茶藝館』。時間もお茶もたっぷりと、台湾の素敵な文化を味わいましょう。
台湾の神様でしょうか…
Profile

東京都世田谷区経堂1-4-10 相原ビル2F
TEL 03-3706-1039
OPEN 11:30〜22:00
水曜定休

Menu

● 凍頂烏龍茶 \850
● 八宝茶 \680
● 椰子緑豆露(ココナッツと
タピオカ入りの緑豆しるこ) \500
● 焼き菓子と玫瑰紅茶のセット \880
● 点心とお茶のセット \900

和テイストをモダンに仕上げるソファ。
錦糸町02
北斎茶房
下町の和モダンでごゆるりと
お品書きに癒されます…

錦糸町の駅を降りると、両国へ延びる“北斎通り”。ここ錦糸町は、浮世絵でかの有名な葛飾北斎の生誕の地ということをご存知でしたか?
その通り沿いに店を構える甘味処「北斎茶房」。懐かしい風情のガラス引き戸の入り口をくぐると、和風テイストを現代風にアレンジした、いわゆる和モダンの空間が広がっていました。
以前は画廊だったという築40年以上の建物を、造りを生かしてリノベーションしたとのことで、経年変化が感じられる素材の風合いによって、ミニマムで直線的な和のデザインも、どこか柔らかく居心地よく感じられます。
天井も高く、テーブルもあえて大きめのサイズで席数を少なくすることによって、空間にゆとりを持たせたそうです。場所柄お相撲さんも訪れるらしいのですが、開放的な店内なので圧迫感もなく寛げそう!
自慢の甘味は、素材を厳選して最高級のものを使用。白玉も注文を受けてから茹でるというこだわりようでモチモチ感がたまりません。
店内に余計な小物は置いてありませんが、馴染み深い和のモチーフと心地よいBGM、窓からの景色を楽しんで。お店のコンセプトは、なんとも素敵な「ゆっくりと」です。
ウェイティングコーナー。外は北斎通り。
Menu

● 宇治抹茶セット
(手づくり最中orわらび餅 付) \660
● 特製アイス抹茶オレ \630
● 茶房特製あんみつ「七福春日」 \900
● とろりわらび餅 \525
● 白玉大納言ぜんざい(温・冷) \590

Profile

東京都墨田区亀沢4-8-5
TEL 03-5610-5331
OPEN 11:30〜22:30
(LO 食事・21:30、甘味・22:00)
火曜定休

BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED