La Finestra
ラ・フィネーストラ
TOSOトップ きもちいい暮らしのためのインターネットマガジン
Interior adviser Topics/ロー・リビングスタイルで暮らす Interior adviser/インテリアアドバイザー Color Guide/カラーガイド Cafe recipe/カフェレシピ
インテリアアドバイザー
HOME サイトマップ
BACK PAGE
Cafe Guide バックナンバー
vol. 06 Interior adviser プロだからできる 色づかいのインテリア  インテリアデザイナー・ショップ経営 鈴木恵美子さん
シンプルなインテリアほど、
プロのセンスが光ります
色と柄、素材の持ち味を最大限にひきだして
一味違った空間づくりをしている鈴木恵美子さん
いつも自然体の気さくな笑顔で
迎えてくれるから、
ぜひ、あなたも相談してみませんか?
鈴木恵美子 Interir adviser インテリアアドバイザー
鈴木恵美子(Emiko Suzuki) インテリア めいくまん

住 所:〒193-0933
東京都八王子市山田町1689-7
電話番号:042-664-7737
e-mail:go@makeman1979.com
HPアドレス:http://www.makeman1979.com/
(1)経歴および過去の受賞経験 (2)仕事上一番大切にしていること

高等専修学校家政科にて洋裁実技指導3年。青年海外協力隊にてバングラデシュで農村の女性組合員に洋裁指導2年。1997年より、めいくまんにてインテリア小物企画、デザイン、コーディネイトにたずさわる。
二級建築士

お客様とのコミュニケーション。色々な要望に応えられるように、自分の感性、感覚を磨くように日々心掛けています。
(4)好きな色
(3)あなたの考えるインテリア成功の秘訣

白、黒、紫、赤など他にもたくさんあります。洋服はその時の気分で選ぶ色が違います。
単色より大胆な柄で色が沢山入っているテキスタイルが好きです。

ご自分がどんな色、柄、形、手触りが好きかを知る事。好きなものに囲まれた空間は心地が良く、好きなものを知れば、自然と要らないものが見えてくるはずです。インテリアのプロに相談するときも、好きなものがはっきりしていると、空間づくりのご提案にとても役立ちます。
(5)好きなタレント・作家等

藤原新也 20代の時に見た彼の写真集「メメント・モリ」で「人間は犬に食われるほど自由だ」と綴られた写真は衝撃的でした。その他ジャックマイヨール エミリー・ウングワレー(アボリジニの画家)など。
(6)趣味
色と柄を最大限に生かしたデザインカーテン

旅行、食べる事。国内外知らない土地へ行くのはワクワクします。その土地にしかない物を食べるのも、料理するのも大好きです。

もともとはベットカバーだったリバーシブルの生地。お施主様のお母様がお孫さんのためにご自分でカーテンを作ろうと購入されていました。他の窓のカーテンのオーダーでお伺いしていたのですが、とても可愛らしい生地だったので、デザインと縫製のアドバイスをさしあげました。それが、とても気に入っていただけて、結局、縫製もこちらで行う事に。リバーシブルを生かして、掃出し窓は裾を表に折り返しストライプを見せています。用尺が限られていたので、連続した小窓は上部を折り返し、フラットで仕上げました。ストライプと花柄が元気でかわいい、お孫さんもお気に入りのプレイルームです。
(8)おすすめのインテリアショップ (7)最近一番感動したこと

RH+(アールエイチ・プラス) オーナー自らフランスで買い付けるアンティークの照明などが素敵です。
八王子大横町9-8
042-662-6002
オーナーが買い付けでお店を閉めている時があります。行く前に営業を確認して下さい。

出産。今年の2月に第一子を出産しました。毎日の子育てが楽しく、娘の笑顔だけでこんなに幸せを感じるとは思っていませんでした。

内開きのため開閉のじゃまにならないよう、サッシに直接テンションポールでレースを取付けています。柄がきれいなオパール加工のレース地で。
(9)おすすめの場所(レストラン・カフェ・美術館等) (10)相談料 シンプルなボーダーカーテンにもプロの技を

スタイルはシンプルなギャザーカーテンですが、お客様の好きな生地を4色4柄組み合わせて、オリジナルなボーダーカーテンにしました。生地の配分、色の組み合わせがプロの腕の見せ所。まずは20分の1でデザイン画を描き色の配分を決めてから、実際の生地で柄の出る位置を決めて縫製の指示をしています。

基本料金など特に定めておりません。コーティネイトの範囲、場所によって異なりますのでお問い合せください。店舗にて相談を伺うのは料金がかかりませんので、お気軽にお越しいただけるとうれしいです。

香川県直島にある地中美術館(安藤忠夫設計)モネの睡蓮が飾られている空間。島にあるベネッセ美術館に併設されているホテルに泊まり、直島をゆっくり巡るのがおすすめ!
(11)口コミ情報(お客様の声)
とても気に入った生地でしたが、違う色柄を組み合わせるのは考えていませんでした。
実際にでき上がったカーテンにとても満足しています。
(板橋区 Y様)

ベッドカバーやクッションも同じシリーズの生地で。色と柄をたくさん使っているので全体のバランスに配慮しています。

男性の居室なので、花柄でも甘くなりすぎないように黒の無地を合わせました。プレーンシェード2台をアシンメトリーにデザインしています。無地1巾と花柄1巾を無駄無く使いコストにも配慮して。

店舗なのでコスト、装飾性、メンテナンス性を兼ねたデザインにしました。上飾りのスワッグ部分はマジックテープで簡単にはずれ、長方形の布になります。
BACK PAGE PAGE TOP
Copyright(c) 2008 TOSO COMPANY, LIMITED